地元産の新鮮な原材料

私達が愛する原材料、私達が信頼する人達

カナダ西部の丘陵農場と肥沃な草原、冷たく綺麗な湖は私達の原材料の産地であり、また私達のインスピレーションの源です。

アカナは、他のペットフードメーカーと比べ物にならないバラエティ豊かな地元産の新鮮な原材料を使用して犬と猫の自然な食事を再現、最も自然なかたちで新鮮な栄養を供給します。

放し飼い鶏肉から巣に産み落とされた卵、放牧肉、天然魚、太陽の日差しを浴びて熟したフルーツと野菜まで、アカナの新鮮な原材料はすべて地元産です。人間用食材として認定を受けた後、保存料不使用で毎日新鮮な状態で搬送され、栄養たっぷりです。

最先端の食品加工技術を備えた私達のノーススターキッチン(受賞歴あり)はアルバータ州の活発な農業地帯の中心部に位置しています。地元産の新鮮な原材料を使用という私達のミッションを遂行するために、パートナーを組んでいる農家へのアクセスも良い立地です。

どう違うのか?

多くのペットフードメーカーが「新鮮」と呼ぶものは、実際は「ペット用」の肉を指しています。輸送と貯蔵を簡単にするために25kgの塊に冷凍され、冷凍・解凍を何度も繰り返している冷凍肉です。また、ペットフードに加工されるまでに数ヶ月経っている場合が殆どです。

更に最悪なことに、北米のペットフードメーカーの多くは乾燥動物性原材料に水を加え、をれを「新鮮」あるいは「生」原材料と表記しています。
勘違いや混乱が起きても仕方ないと言えるでしょう。

新鮮肉と生肉、アカナのやり方

自由な原材料表記が許されているペットフード業界において、ペットを愛する人達に対して原材料をはっきりさせることはとても重要だと私達は感じています。私達が「新鮮」という言葉を使う時、それは真の新鮮を意味します。私達は新鮮あるいは生を次のように定義しています。

新鮮:私達の新鮮な原材料はAFFCO基準に見合っています:
冷蔵のみが唯一の保存方法です。

生:AFFCOにはいくつかの生の定義がありますが、そのうち私達が使用しているのは1つだけです;私達の生原材料は新鮮な原材料と同じです。唯一の違いは、生原材料は冷凍されていることです。